未分類」カテゴリーアーカイブ

便利な振込による借り入れ

銀行系の場合、目的別融資、例えば教育ローンとか自動車のローン等以外、振込によって貸し付けしてくれるという事は少ないです。必要な金額をその銀行の口座に用意してくれるという事で、消費者金融のように、随時、必要な金額をネットで申込み、振込してもらうというサービスはありません。

消費者金融の場合、例えば新規申込であっても、その日、若しくは翌日にお金が欲しい時、申し込みが終わり、身分証明の書類を写メなどで送ると、申し込みが午前中なら、審査に通過する事で午後には指定口座に振り込みしてくれます。

また限度額内であれば、パソコンやスマートフォンからキャッシングを選択し、必要な金額を記入しクリックすると、その金額を指定口座に入れることができます。必要なときに即時、振込をしてもらえるというメリットがある方法です。引き落とし金額が足りないという時、今までならATMで借入して、その口座に入金するという方法でしたが、こうした面倒な事をしなくても、ネットから簡単にキャッシングを行う事が出来るのです。

この場合も、借り入れたという事を感じない方も多く、口座間で動かしたという認識を持つ方も多く、気が付くとかなり高額な費用を利用しているという事がわかります。自分の口座ではなく、消費者金融の口座から振込してもらっているという感覚を忘れないようにしましょう。

ATMによる借り入れ

借入方法についてはいくつかの方法があります。例えば銀行の場合、カードローンという商品は目的等を絞られないため、消費者金融と同じように、限度額内で何度でも借り入れ、返済ができるというカードローンがあります。消費者金融も同じように、いつでも借入、返済ができるという事になっています。

借入方法については、銀行、消費者金融双方ともにできるのが、ATMの利用によるキャッシングです。カードがあれば自分の口座から預金を引き出すように利用できます。限度額内であれば、いつでも現金を引き出すことができ、また返済についてもATMから返済できるという利点があります

現在は、全国各地に提携のATMがあり、銀行、コンビニエンスストアなどから手軽に利用できます。現金が欲しいという時、いつでも引き出すことができるので非常に便利ですが、自分の口座から引き出しているような感覚になってしまうので、銀行系のカードローンでも、消費者金融のカードローンでも、勘違いせず、借り入れをしているのだという感覚をしっかり持つことが重要です。

自分の口座から引き出しているという感覚をもって利用してしまうと、気が付いたときにかなりの債務金額となっていることがあります。あくまでも計画性を持つことを忘れてはならないのです。

銀行と消費者金融のカードローンの違い

消費者金融と銀行系のカードローンは大きな違いがあります。まず、金利はかなり消費者金融と銀行系の差が無くなってきていますが、それでも銀行系の方が安いという事、さらに消費者金融と銀行はそれぞれ法律が違うため、その違いによって借り入れできる金額が異なるという点です

消費者金融は貸金業という業務になります。したがって貸金業者である消費者金融がそうべき法律は貸金業法です。銀行は銀行法に基づいて貸し付けを行っています。業務に違いがあるため、その業務に関わる法律に違いがあり、そこで借入できる金額にも違いが出てくるのです。

消費者金融の場合、法律改正により総量規制という法律が出来ました。この総量規制は、借り入れをしたい人の年収のうち、1/3以上借入が出来ない、貸付できないという法律です。銀行は銀行法に基づいて借入金額を設定するため、この枠がありません。そのため、年収の1/3以上の貸し付けを受けたいという場合、銀行との契約の方がいいのです。

こうした消費者金融と銀行のカードローンには、借入金額の上限等の違いがあるという事を理解し、自分の借り入れを考えなくてはなりません。総量規制があってもスピーディで即日融資も可能な消費者金融を選ぶか、時間がかかってもいいので総量規制に関係のない銀行系で借りるのか、こうしたこともしっかり考えておきましょう。

カードローンは便利

カードローンは今、多くの方が利用している非常に便利なものです。計画性をもってしっかり返済する事を考えていけば、ピンチの時に利用できる便利なカードローンとなります。例えば、お給料の前、数日間、どうしても現金が必要という時もあります。お友達に食事会に誘われたとか、合コンに来てほしいといわれたとか、また結婚式にお呼ばれしているなど、普段とは違う費用がかかる月もあります。

こういう時、一人暮らしをしていると生活費の中から費用を捻出するのが難しく、お付き合いをお断りしなければならないこともあります。でもカードローンを契約しておけば、いざ・・・という時に、ATMなどから気軽に借り入れを行う事が出来ます。

カードローンは、契約によって利用限度額範囲内で自由に何度でも借り入れができるという金融商品で、銀行、信用金庫などの禁輸器官系統や、消費者金融等でそのカードを作り利用する事が出来ます。みなさんも1枚は持っているのではないでしょうか。

銀行のキャッシュカードにカードローンが付帯していて、振替などで口座内に必要な金額がない場合、自動的に貸し付けてくれるという便利な物もあります。ただ銀行系と消費者金融系で、貸し付けについて違いがありますし、借入方法なども違いがありますので、理解しておくべきです。当サイトは借入方法が選べるカードローンにはどのようなものがあるのか、紹介します。当サイトが皆様の生活の中で情報として利用していただけたら幸いです。