ATMによる借り入れ

借入方法についてはいくつかの方法があります。例えば銀行の場合、カードローンという商品は目的等を絞られないため、消費者金融と同じように、限度額内で何度でも借り入れ、返済ができるというカードローンがあります。消費者金融も同じように、いつでも借入、返済ができるという事になっています。

借入方法については、銀行、消費者金融双方ともにできるのが、ATMの利用によるキャッシングです。カードがあれば自分の口座から預金を引き出すように利用できます。限度額内であれば、いつでも現金を引き出すことができ、また返済についてもATMから返済できるという利点があります。

現在は、全国各地に提携のATMがあり、銀行、コンビニエンスストアなどから手軽に利用できます。現金が欲しいという時、いつでも引き出すことができるので非常に便利ですが、自分の口座から引き出しているような感覚になってしまうので、銀行系のカードローンでも、消費者金融のカードローンでも、勘違いせず、借り入れをしているのだという感覚をしっかり持つことが重要です。

自分の口座から引き出しているという感覚をもって利用してしまうと、気が付いたときにかなりの債務金額となっていることがあります。あくまでも計画性を持つことを忘れてはならないのです。