銀行と消費者金融のカードローンの違い

消費者金融と銀行系のカードローンは大きな違いがあります。まず、金利はかなり消費者金融と銀行系の差が無くなってきていますが、それでも銀行系の方が安いという事、さらに消費者金融と銀行はそれぞれ法律が違うため、その違いによって借り入れできる金額が異なるという点です。

消費者金融は貸金業という業務になります。したがって貸金業者である消費者金融がそうべき法律は貸金業法です。銀行は銀行法に基づいて貸し付けを行っています。業務に違いがあるため、その業務に関わる法律に違いがあり、そこで借入できる金額にも違いが出てくるのです。

消費者金融の場合、法律改正により総量規制という法律が出来ました。この総量規制は、借り入れをしたい人の年収のうち、1/3以上借入が出来ない、貸付できないという法律です。銀行は銀行法に基づいて借入金額を設定するため、この枠がありません。そのため、年収の1/3以上の貸し付けを受けたいという場合、銀行との契約の方がいいのです。

こうした消費者金融と銀行のカードローンには、借入金額の上限等の違いがあるという事を理解し、自分の借り入れを考えなくてはなりません。総量規制があってもスピーディで即日融資も可能な消費者金融を選ぶか、時間がかかってもいいので総量規制に関係のない銀行系で借りるのか、こうしたこともしっかり考えておきましょう。